青ひげを卒業するために行った脱毛の数々

 

私は、顔の毛が濃く、青髭がとても目立っています。
高校時代からすでに髭があり、一つのコンプレックスとして根に持っていました。
しかし、当時の自分では、処理方法がわからず、そのまま放置状態。無造作に伸びきっていました。

思春期に入り、さすがに顔の手入れ等の話も男同士でするようになり、そのときに、髭の処理の方法として、たくさんの話を聞きました。
毛抜きで地道に抜く。これはかなり時間と今期が必要ですが、自分も行ってみた結果、コレが一番青ひげにならず、ツルツルになりました。
ただ、出血や赤みが出たりして、逆に見栄えが悪くなるときもあり、ほぼ毎日行っていた作業を、月に1回程度に減らし、気付いたら髭の生えてくる時間がかなり長くなった気がします。
今までは朝剃っても夕方伸びるような感じでしたが。2日目になってやっと生えてきたな。って思うくらい。

その間は髭を剃ればきれいになっていましたので、手入れの時間としては、非常に短くなり、さらに髭の濃さも軽減させることに成功しました。
ただ、やはり根本の毛はどんどん太くなっていくのがわかるので、青さは一段とましていくことでしょう。
いつかは脱毛に行って、処理の時間をもっと有意義に使いたいですね。
現在はレーザー脱毛とか、麻酔を打って地道に抜いていくという脱毛サロンがたくさんありますので、一度は体験しようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。